本を読む

The Art of Innovation

こんにちは。
最近だいぶ涼しくなりましたね。

ある日、Moriさんから
「デザインとWebとビジネスの中で、どれが興味ある?」
と聞かれ

私は
「デザインとビジネスですかねえ」
と答えました。

そしたら、おすすめの本があるよ、と

この本をすすめてくれました!

イノベーションのヒントがたくさん書かれてます。

Crestの歯磨き粉の例は、人間の習慣を目の当たりし、イノベーションは人間観察から始まるということが分かって、おもしろいです。

また、ホットなチームを作ることも大切だと書いてあります。
ホットチームには、個性が必要で
”エンジニアの彼は夜を徹して働き、朝にはすばらしい作品が完成している。しかし、彼と話したくても、彼がロフトから這いおりてくる午後まで待たなくてはならなかった。”
という文章がありました。
この文を読んだ時、dotBravoにも似たような人がいるなあと思いました。

主観的な話になりますが
・スーツ、制服、服装や見た目の制限
・ルールやマナーでガチガチ、保守的
・みんなと一緒、同調圧力
・古い考えの人やアイディアを潰す上司
とりあえず、これらが日本の社会から徐々になくしていかないと、日本はどんどん衰退していくんじゃないかなと思います。
特に、同調圧力はイノベーションを妨げると思うのですが、日本人の性質でもあるので、変えるにはなかなか根深いです…
そのためには、小学校の教育から変えていかないといけないと思うし、そうすると政治的な話になってきます。
日本スゴイ!はもうとっくに終わってるし、どんどん遅れていってるので、そろそろ色々と一新しないとヤバイと思うんですがね…

少し古い本ですが、とても参考になります!
この本をきっかけに、イノベーションについてもう少し掘り下げていきたいと思います。

QHT(クイックハイジーンターミナル)についてはこちらから!



新製品の「dotCube」を発売いたします。
手首で瞬間測定が可能な、 おしゃれな一次検温スクリーニングです。

2020年11月2日(月)より発売いたします。

【URL】 https://www.dotcube.io/

dotCubeの写真


 

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA