QHTの利用目的

○入り口にて検温スクリーニングを行いたい。(体表面温度簡易検温機能)QHT
履歴管理をしつつ、検温を行いたい。(顔写真及び履歴管理機能)QHT & QHS
顔認証を利用して入場管理を行いたい。(顔認証機能)QHS
○サーバーなどと連携せずに認証を行いたい(顔認証機能スタンドアロン)QHT
○今日1日の入場管理を行いたい。(顔写真履歴管理機能)QHT & QHS

○自動ドアやゲートなどと連携が行いたい(リレー設定機能)QHT
○LINEやメールなどへと入場情報を送りたい。QHT & QHS


外観について

新台座及び旧台座含め選択可能です。
※新台座はオプションスタンドへの接続はできません。旧台座のみとなります。


仕様について

QHT仕様


表面温度検知の仕組み


機能比較


詳細情報

導入実績     取り扱い説明書     よくあるご質問


バージョン